今日も吉日

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱望していたクモノスモンサビカミキリとの出会い

<<   作成日時 : 2016/06/14 21:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

「クモノスモンサビカミキリを見ましたよ」と、虫友に聞いてから2年。
こればかりは、同じ場所で見られるわけもなく、
「いつか!!」と思いを高めていた。

先日も車を止めてから、
てんでの方向へカミキリ探しに向かったのだけど、
私は手応えもないし、相方の様子を見に戻った。

そこで、ミズキの太い幹にカミキリらしいのがいるけど、
暗くてよくわからない。
なんとか観察ケースに入れたい!!

入れたのがこれです。
画像

「うわぁ・・クモノスモンだ」
たまたま交尾していたのをケースにいれて、
さて、写真を撮りたいので枯れ枝に乗っけた。
画像


画像


交尾の片割れがこれ。
画像

画像


どちらが♂なのか♀なのか、わからない。
ネットを巡ったり、図鑑を確認してもその表示はなかった。

この色とクモノス状の模様と
なんともいえない魅力があるとおもう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは これは脱帽です!!
すごいマニアックな種を追っていますね!
私もさすがに知りませんでした^^。
仮に知っていても大きさで撮るのをあきらめる
種類です(笑)。
つばさ2号
2016/06/14 23:38
すごい(*_*)あのケースでしょう、小さいね。
模様キレイです、クモの巣模様なんですか。
エビ色もいいですね。
toki
2016/06/15 08:34
遂にやりましたね。
おめでとうございます。
これは私も以前から見たいと思ってる種類ですが難易度高いのでほぼ諦めてます。(笑)
模様がなんとも言えず美しいですね〜
羨ましいです。
ジダン
2016/06/15 08:38
クモノスモン、いいですね!
おめでとうございます。
色の濃い個体と薄めの個体といるんですね。
私もいつか見たいな〜と思っていますが。。。
ミズキの細い枝に付いていそうなイメージですが
幹に付いてることもあるんですね。
nori
2016/06/15 09:39
つばさ2号さん 大きさは10ミリ弱くらいですよ。
枝を叩いて落とす場合が多いようで、
ただ目視で探すのは難しいのかなぁ。
2年間、これだけを追ってたわけではないですが、
いつも気にしていました。
嬉しかったです
あん
2016/06/15 17:04
tokiちゃん あのケースです
ケースに入れると写真を撮るのが難しいんですよね。
撮る前に飛ばれてしまったりして。
今回はツイテいました。
すごく垢抜けしているカミキリでしょ!!
あん
2016/06/15 17:10
ジダンさん 今まで見た種でも、1回限りというのがいくつもあって、
これもそうなるかもです。
放すのが勿体なかった・・
クモノスモンと判ったとき、
その巡りあわせに浮足立つ思いでした。
「もう、これで充分だから帰ろうか?」なんて言ったくらいです。
あん
2016/06/15 17:25
noriさん やっぱりクモノスモンは憧れですよね。
本とかネットで見ると、ミズキの枯れ枝を叩いて採集とかあるのですが、
これは幹の陰になっている部分にいました。
ケースにウマく入ったからクモノスモンと判ったけど、
入らなかったら、「何だったろうね?」となったんですね。
ゾッとするわね。
色の薄い、濃いは♂♀によるのか知りたかったけど、
単なる個体差なのかなぁ??
あん
2016/06/15 17:36
レア種なのですね。
渋い模様でよいですね〜。
おめでとうございます!
mtana2
2016/06/23 08:31
mtana2さん 有難うございます。
これを老眼の二人して見つけたのがおかしいです。
ときどきフッと運が回ってくるような、そんな出会いでした。
あん
2016/06/27 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱望していたクモノスモンサビカミキリとの出会い 今日も吉日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる